<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
SELECTED ENTRIES
NEW ITEM


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
 
   
LINKS
COUNTER SPIRITS

2008年七夕始動
+123920(1周目)
+220264(2周目)
+197639(3周目)
+161130(4周目)
+111987(5周目)
+74601(6周目)
+64014(7周目)
+47121(8周目)
+26831(9周目)
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS

エスプガルーダII BL Xbox360モード アゲハ ラスボス到達

Xbox360モードでクリアできなくて、うっかりブラックレーベルに手を出したのが運の尽き。ブラックレーベルとXbox360モードを並行してやろうものなら、覚醒の使い方が全然違うせいでしっちゃかめっちゃか、零無です。

教えてよ! 脳の切り替えボタンの在り処。

気分転換に始めたブラックレーベルがクソ難しい。短い時間制限つきの無敵で弾を増やすとか、さらにリスキーな稼ぎが加わって狂っている。稼ぎジャンキー向けの調整にもほどがある。

通常ショットで弾消し効果があるなら楽勝やん。ひょっとして、リフレクトフォース無双でウルトラモードも簡単にクリアできた虫ふたのアレンジモード状態なのかァ!? と思っていたら覚醒を使って倒すと逆にピンチになる仕様になっていて頭が痛くなった。稼がなければ道中はかなり簡単になっている反面、ボス戦や大型機戦が辛い。ブラックレーベルもクリアできなくて、すごすごとXbox360モードにもどることにした。

ぐはぁ。覚醒のパターンがおかしくなってしまったー。

無理。同時進行は無理。たとえるなら意識して右脳と左脳を使い分けるような器用さがないと無理。しばらくはXbox360モード一本でがんばろう。

やっと、ようやく、ついに数年越しにラスボスと1クレで対面することができた。ここで”撃破できた”といかないところが悲しい。久しぶりに再開したラスボスは、やっぱり容赦がなく、すっかりパターンを忘れていた俺は、なすすべなく倒された。

このままでは勝てない。ラスボスまで行けるようになったことだし、とトレーニングモードで特訓した。強い、強すぎる。と唸り、悶絶しながら2時間ほどみっちり練習。ラスボスは完全にパターン通りの攻略が通用する攻撃がいくつかあるので、練習のやりがいがある。憎いあいつを死なすため、弱き自分を乗り越えるためと思えば、練習も苦じゃない。

安定にはほど遠いが、ラスボス突入時に3ライフあればクリアできるようになった。今まで1度も倒せなかっただけに、この成果は非常に価値がある。

しかし、この動きを通しプレイで、緊張という名の見えない敵がいる中で実行できるかというとはなはだ怪しい。ラスボス到達時に3ライフあれば絶対にクリアできる。そう確信をもてるまで練習あるのみだ。

その前に、ラスボス前のポッドを1ライフで確実に落とせるようにならなければならない。このポッド野郎が、ラスボスに匹敵するほど強いから困りもの。初クリアがかかった場面で、アドリブ避けの連続はきつい。できれば4ライフ持って挑みたいところ。ここまで2ライフで来るのは難しいが、やるしかない。

目標に向かって突き進むって楽しいー。
2010.03.14 Sunday 22:42 | comments(0) | - | エスプガルーダII ブラックレーベル | 

エスプガルーダII BL Xbox360モード アゲハ 1億7000万

コメントでととんがさんに教えてもらったとおり、トレーニングモードでボス戦が選択できた。レバー操作でステージを選択すると、ボス戦の表示がでないせいで全然気づかなかった。俺ってばうっかりやさん。

今作のステージセレクトは、『虫ふた』の頃よりさらにパワーアップして、中ボス戦やラスボス第2形態などからも開始できるようになっていた。実にすばらしい充実度。欲を言えば、撃破しても自動で連続で戦えるモードも用意してほしかった。あと、ゲームオーバーになったときに強制的にトレーニングメニューに戻るのではなく、リトライするかどうかの選択肢がでるようにしてほしかった。常にユーザの意見を汲み取り進化を続けるCAVEのことだから、次の『デススマII』では実装してくれることだろう。

というわけで、苦手な4面ボスを相手にトレーニング開始。第2形態での常時張り付きパターンを主に特訓した。「俺はここだァ!」を耳にタコができるほど聞いて練習したかいあって、一応できるようにはなった。一応、ね。ノーミス撃破の成功率は低く、通しプレイで実践投入するには危険なレベル。

第2形態は正攻法で立ち向かうとアドリブ避けを多用させられる難しい攻撃が多いので、ものにすれば楽に突破できる張り付きパターンを練習する価値は大きい。しかし、ボス前の特攻ザコラッシュで稼がなければ、十分な量の石を持ってボス戦を迎えることができるため、覚醒を使って倒すこともできる。他の形態は、覚醒を使っても難しい攻撃が多く、バリアを使った方が安定するので、この形態以外はあまり石が必要ないという事情もある。うーむ。導入すべきかどうか、悩む。

◆本日の戦績





最終到達地点:6面クローン地帯
スコア:1億7158万6243
総合順位:76位(↑24)

・1面

恨みでもあるのか冬将軍。今日はバカみたいに寒く、冷え性に苦しむ俺にとって良い状態とはいえなかった。右手が死体のように冷たくて、ボタン操作が忙しいエスガルIIをやるのが辛かった。

なかなか調子があがらず、稼ぎが全然うまくいかなくて、削りに失敗するは、ザコに突っ込んで激突死するはで散々だった。1面の稼ぎなんて、全体からみれば微々たるものでしかないのに固執してどうするんだ。気持ちを切り替えて、クリア重視にしようとしたが、どうにも稼ぎ癖が抜けきれずミスを大量生産。今日はこれで終いにするかと思ったところで、妥協の2000万が出た。

・2面

ボス以外の稼ぎはやらない。ボス手前のザコラッシュは覚醒を防御的に使ってやっと安全に突破できる。この程度の腕前で絶死界稼ぎなんてできるはずもない。

・3面

中ボス撃破後の大型機相手に、無茶な絶死界稼ぎをしているところでオートバリアが発動。1UPアイテムを取り逃す破目になった。ここで吹っ切れた。どんな結果になろうとゲームオーバーまで突き進み、無茶な稼ぎでもなんでもやろうと決意した。

・4面

4面に入ってちょっと進んだところで、クリア重視なら絶対にやらない絶死界を展開。見事に散った。ボス手前でも同じようなことをやってまたも散った。ウェーハッハッハ! こいつは笑いが止まらんぜ。

・5面

道中をノーミスで突破できたのがすごくよかった。セセリ前でバリアゲージが半分回復できるので、その分を見越して道中でバリアを使用すればかなり安定して突破できる。

セセリ戦は攻略パターンに当てはめれば事故ることは皆無なので楽。稼ぎがうまくいって、ここだけでかなりのスコアを伸ばした。最後の発狂攻撃で、バリアのダメージ調整をミスって倒してしまい大損したのが痛い。

・6面

画面下で守り気味に戦うよりも、強気に画面上で左右に大きく切り返しながら攻めた方が断然楽。その方が石も多く回収できて、中ボス戦で覚醒を使っても切れる前に倒せる。パルムを使用した『虫ふた』オリジナルモードの最終面の動きに近い。3面で1UPアイテムがとれていれば、確実にボス戦までもっていけただろう。次は必ず死なす。

クリアしなくても2億ぐらいなら出せそうな感じ。稼ぎが楽しすぎる。


2010.03.10 Wednesday 00:39 | comments(0) | - | エスプガルーダII ブラックレーベル | 

エスプガルーダII BL Xbox360モード アゲハ 04

エスガルIIが超おもしろい。

わかっている。集中力がなくなって連続でやればやるほどミスを繰り返すことを。それでもやってしまう。忘れんぼうな俺だけど、ようやく数年前に挑んでいた頃の感覚やパターンを思い出してきた。腕が過去の自分に追いついた。

その結果、ほぼ安定して最終面までいけるようになった。最終面突入時に残4ライフと、最終到達地点を伸ばすにはうってつけの好条件が到来。しかし、ここでいつものように変に気負ってしまうのが俺の弱点。あれよあれよという間に凡ミスを量産し、あとちょっとでクローン地帯を抜けれるというところでゲームオーバーになった。たまには裏切ってくれよ、俺の中のブルータス。

クリアするまでスコア稼ぎは完全封印と、この前の記事で書いた。すまん。そりゃあ無理だ。稼ぎをやるなというのは、翼をもがれるのと同義。エスガルIIの稼ぎは最高におもしろくて辛抱たまらず、稼ぎの衝動を抑えることができない。

ギリギリまで敵弾をひきつけて、我慢して我慢して、それを一気に押し返して(消して)スコアに変える。ほっとしたのも束の間、次の瞬間にはさらなる撃ち返し弾が発生して押し寄せてくる。閉鎖から開放の繰り返し、これがたまらく快感。リターンとリスクが天秤の間で絶え間なく揺れ動く。それが絶妙なバランスで保たれている。エスガルIIの面白さは稼がないことには解らない。



スコアは1億3000万稼いで、ネットランキング100位だった。昨日は、1億2500万で99位。上位は、オールクリアは当然、8億とか超絶ハイレベルの争いが繰り広げられているが、なかなかどうして下位の争いも熾烈だ。近いスコアでひしめき合っているため変動が激しい。とりあえず100以内入賞を維持することに必死。いやあ、目標があるってすばらしい。

無理してミスを連発して1面を何回も繰り返していれば世話ないけどさー。

1面といえば、実績の一つに、1面で2度エクステンドするという、その名も「1面番長」なるものが用意されている。自己満足とは別な、確固たる目標があって燃える。稼ぎ好き、そして実績解除好きの俺にうってつけの実績だ。よくぞ作ってくれた。

いざ狙ってやってみるとかなり難易度が高い実績であることがわかる。最高で1面終了時に2800万稼ぐのがやっと。2度エクステンドするにはあと700万も足りない。中ボスをバリアで早回しせずに3500万稼ぐことはできないのだろうか。

上級者のリプレイ動画をみると、ボスが発狂攻撃をやってきて、ここでもかなりのスコアを稼いでいる。この稼ぎだったら覚醒カウンタさえ残っていれば俺にも簡単にできそう。そう思って、その発狂攻撃を待つのだが、なぜかその攻撃をボスが見せてくれない。

今、書いていてふと思ったのだが、もしかすると体力を1ドットまで減らさないとやってこないのかもしれない。だとすると調整が厄介だ。今度ためしてみよう。

エスガルIIはボス戦もすごく楽しい。特に、セセリ戦は演出が神がかっていてテンションが極限まで上がる。今作のボスは、多彩な攻撃のそれぞれにある程度の避けパターンがある。つまり、しっかりと攻略を立てれば安定して突破が可能ということ。昨日の自分より確実に上手くなっている自分を発見できる。

ボスの攻撃の中には、パターンがわかっていても、覚醒無しやバリア無しだと避けるのが難しいものがいくつか混じっている。攻撃パターンの構成が心憎い。自分の腕と相談して、覚醒やバリアの使用の有無を考える要素がある。

攻略パターンを組み立てて倒すのが超楽しい。1クレクリアする決意を不退転とするために、勢いあまって攻略記事を書こうかと考えたくなるぐらい。

エスガルIIの唯一の不満点は、トレーニングモードでボス戦から開始することができないこと。ウェッハの2回目(3面ボス)の練習をしたくても、道中を最初からやらなければならない。『虫姫さまふたり』で搭載されていたのに、なぜ削除されたかが解らない。虫ふたよりも突破が安定する分練習のやりがいがあるボス戦なだけに残念。

エスプガルーダII ブラックレーベル(通常版:「サントラCD」同梱)
ケイブ (2010-02-25)
売り上げランキング: 236
おすすめ度の平均: 5.0
5 文句なしの完成度
5 点数稼ぎの美学と芸術の世界。
5 切り替えで稼ぐSTG
5 究極の向こう側


2010.03.09 Tuesday 01:48 | comments(2) | - | エスプガルーダII ブラックレーベル | 

エスプガルーダII BL Xbox360モード アゲハ03

前回より最終到達地点を伸ばし、クローン地帯まで進んだ。一歩前進、いい感じ。

それにしても最終面、激難っ。昔の俺は、よくもまあこんなに激しい弾幕の中を先に進めていたもんだ。敵の配置をしっかりと記憶して先手をとっていかないときつい。覚醒を使うところ、温存するところのパターンを組まなければ無傷での突破は厳しいと痛感した。道中も難しいが、ラスボスもかなり強い。道中で無駄に残機を失わないよう、トレーニングモードで集中練習を敢行した方がよさそうだ。

■本日の反省会

>1面
クリア優先に切り替えたおかげで死ぬことはほぼなくなった。

>2面
かなり安定してノーミスで突破できる。中ボスのウェッハの弾幕は覚醒絶死界で稼げないこともないが、たまに死ぬのでやらない。ここで死んでまた1面からやり直すのは嫌だ。ボス前のザコラッシュで最も警戒しなければならないのは、歩兵からの針弾。放置しておくと、硬い中型戦車をレイピアで攻撃している間に激しい弾幕にさらされる。幸いにもボスは弱いので、ここで覚醒を使っても問題ない。

>3面
道中で死ぬことはあまりない。稼げる要素が至るところに散らばっていてウズウズするが、我慢。ボスのお姉ちゃんはかなりの強敵。ボス直前のバリアアイテムキャリアーをスクロールで画面外に消えていく直前で倒して、出現するアイテムをボス戦中に泳がせる。第1段階の攻撃が始まったらバリアを展開。ゲージを40%使って最大攻撃をぶちあてつつ、アイテムを回収してゲージを回復。これで楽に第1段階を突破できる。第2段階はアドリブ避けが難しい。ある程度避けたら、早めにバリアを展開して最大攻撃をあてる。ちょうど扇状のパターン弾が飛んでくるがこれは避け方を知っていれば簡単。第3段階はできるだけ粘ってからバリアを展開。緊急回避用に少しだけ残してあてる。お姉ちゃんの残り体力はわずかなので、あとは覚醒で倒せる。しゃにむに、ここまでノーミスで突破できるようにしたい。

>4面
道中はパターンを作っておかないと追い詰められてあっけなく死ぬ。3面でバリアを使いきっている関係上、ボスでどれだけ実力で粘れるかが鍵。ボスの攻撃は、簡単ではないけど、ある程度の避けパターンがある。ここもトレーニングで特訓する必要があるとみた。ボス戦を1ミスで突破したいところ。

>5面
道中はあやふや。パターンどうこうの前に絶対的に経験が足りない。ボスのセセリは、4面ボスよりも避け方のパターンが確立しているのでそんなに辛くはない。

>6面
まずはラスボス到達が最大の目標。昔行けたのだから、今行けないはずがない。クリアできる。俺なら絶対クリアできる。ここまで来たら自分の腕を信じるしかない。

エスプガルーダII ブラックレーベル(通常版:「サントラCD」同梱)
ケイブ (2010-02-25)
売り上げランキング: 167
おすすめ度の平均: 5.0
5 切り替えで稼ぐSTG
5 究極の向こう側

2010.03.04 Thursday 00:15 | comments(0) | - | エスプガルーダII ブラックレーベル | 

エスプガルーダII BL Xbox360モード アゲハ 02

セセリを落としてステージ6に到達。最初の大型機にやられてゲームオーバーになった。無念。

実績では、思いがけず「待てぬ海路に泉あり」が解除された。どんな実績があるかについては全く調べておらず、突然解除されるので面白い。毎度、容赦のないCAVEのことだから、真セセリを落としつつ1クレオールクリアといった鬼難易度実績が用意されていることだろう。最初から全解除不能だと思っていた。実績はあまり気にせず気楽に楽しむことにしよう。

稼ぎはド派手で、決まると最高にハイってやつだが、とにかく難しい。1面の中ボス前でエクステンドする稼ぎを決めることができることはできる。しかし全然安定しない。エスガルIIの稼ぎの難しさは、近年のSTGの中でも群を抜いている。中途半端な腕でやると屍を築くだけ。ミスをしてはリセットの嵐で、何回も最初からやり直してストレスがたまった。

スコアアタックのランキングから1位のリプレイをダウンロードして見た。震えた。パターンの完成度がすさまじく高く、精密機械の如く正確かつ無駄のない動きに魅入ってしまった。いつでも死ねるハイリスクの稼ぎを、何事もないかのように次々と確実に決める精神力は驚愕のひとこと。オリンピックのフィギュアスケートでたとえるなら、連続でトリプルアクセルを連発するようなものだ。一体、何年やりこみ続ければこの領域にたどりつくのかと気が遠くなる。命を引き換えにしても稼ぎきってやる。そんな執念が動きの一つ一つに垣間見えるかのようだ。

超絶リプレイを見たおかげで吹っ切れた。エスガルIIは、稼がずにクリアを目指すだけでも十分に難しいと認識を改めた。だからこそ1クレクリアを狙う価値がある。覚醒絶死界は完全封印し、まずは遮二無二1クレクリアを目指す。いや、必ずクリアする! 稼ぎはそれからだ。今は稼ぎの魔物と戦うときではない。

エスプガルーダII ブラックレーベル(通常版:「サントラCD」同梱)
ケイブ (2010-02-25)
売り上げランキング: 142
おすすめ度の平均: 5.0
5 切り替えで稼ぐSTG
5 究極の向こう側
2010.03.02 Tuesday 23:40 | comments(0) | - | エスプガルーダII ブラックレーベル | 

エスプガルーダII BL Xbox360モード アゲハ 01

エスプガルーダIIプレイ開始。まずはオプションを設定。『虫姫さまふたり』のときのオプション設定の充実はすごかったが、今作もかゆいところまで手が届く仕様になっていた。さすがCAVE。この点に抜かりはない。望んでいたBGMのアレンジとオリジナルの任意切り替えができる点がすごくよかった。しばらくはアレンジ版BGMで楽しもう。

オプションを設定し終えて、本編に突入。選べるモードは、ブラックレーベル、Xbox360モード、アーケード、ノービスと多岐にわたる。ゲーセンでクリア寸前で終わっていた手前、ブラックレベールを遊んでみたい気持ちを抑えてXbox360モードを遊ぶことにした。今度こそラスボスを必ず死なす。ここからさらにノーマルプレイとスコアアタックが選ぶことができる。下手の稼ぎ好きとしてスコアアタックを選択した。

初日だからラスボス到達とまではいかなくてもラスボス前ぐらいまでいければ上出来か、ぐらいの気持ちで開始したのだが。終わってみればウェッハ2回目、つまり4面ボスまでしかいけなかった。あっるぇー? ゲーセンで遊んでいた頃は、無茶な稼ぎさえしなければ安定して最終面までいけていたんだけどなあ。少なくとも、虫ふたのマニアックモードよりは断然簡単なはずなのに、なんとも不甲斐ない。

理由がよくわからない死に方をする。完全に弾道を見切ったつもりなのにいつのまにか死んでいることが多い。どうやら俺の脳内感覚とゲーム内での動きにズレが生じているようだ。まるで自分の腕が他人の腕に取り替えられたかのよう。しっくりこなくてどうにも気持ち悪い。早く修正しなければ。

ゲーセンでの経験則をよくない形で引きずっている部分もある。当時の感覚を揺り起こそうと指が勝手に動く。数年の空白期間があるのに、いきなりゲーセンでやりこんでいた頃の動きなどできるはずもない。んなことは百も承知だが、できていたことができなくなるのはもどかしいものだ。

完全にまっさらな気持ちで挑むためにも、先にブラックレーベルから遊んだ方が案外いいかもしれない。

スコアアタックの場合はプレイが終わると、Xboxライブを通じて問答無用で登録される。『虫ふた』の場合は事前確認があったから油断していたぜコンチキショウ。これは是が非でも1クレオールクリアを達成してスコアを塗り替えなければならない。燃える展開だな、オイィ!

それはいいとして、スコア登録後に結果順位が表示されなくなったのはどいうわけか。順位を確認するにはリーダーボードへいちいち移動しなければならなくなったようだ。ちょっと不便。

beatmaniaIIDXのようにライバルスコアプレイヤーを設定できたりなんかしたら面白くなったように思う。もう十年も昔の話になるが、『式神の城I』でインターネットランキングに参加していた頃は、顔も素性も知らない相手を勝手にライバルに見立て、精進したものだ。やっとあいつを抜いた、と思ったら次の日になると抜き返されたりとすごく楽しかった。絶対に相手も俺のことを意識していたと思う。……ぽっ。なんだか照れるな。

フレンドにそういう相手がいれば張り合いもあるのだが、残念ながらいない。ものすっご寂寥感。切磋琢磨できるようなSTG好きのフレンドがほしー。

エスプガルーダII ブラックレーベル(通常版:「サントラCD」同梱)
ケイブ (2010-02-25)
売り上げランキング: 92
おすすめ度の平均: 5.0
5 切り替えで稼ぐSTG
5 究極の向こう側

2010.03.01 Monday 00:49 | comments(3) | - | エスプガルーダII ブラックレーベル | 
 | 1 / 1 PAGES |