<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
SELECTED ENTRIES
NEW ITEM


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
 
   
LINKS
COUNTER SPIRITS

2008年七夕始動
+123920(1周目)
+220264(2周目)
+197639(3周目)
+161130(4周目)
+111987(5周目)
+74601(6周目)
+64014(7周目)
+47121(8周目)
+26831(9周目)
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< スト4チャレンジモード トライアルハード 剛拳攻略 | main | まもるクンが360に来てしまった![Xbox360] >>

スト4チャレンジモード トライアルハード C.ヴァイパー攻略

・コンボ表記説明
J=ジャンプ
SC=スーパーキャンセル
数字=キーボードのテンキーに対応。波動拳なら236Pとなる。

■レベル1
J強P>中P>屈中P>中サンダーナックル>SCエマージェンシーコンビネーション
獲得称号:禁煙中


中P>屈中Pはやや早めの目押し。中サンダーナックル>エマージェンシーコンビネーションのスーパーキャンセルはコマンドが逆方向なので素早く入力する必要がある。

一般的なスーパーキャンセルコンボ。特に難しいところはない。

■レベル2
(相手画面端)セービングアタック>屈強P>サンダーナックル(中)キャンセル>バーストタイム(最速)
獲得称号:稲妻と炎


屈強Pの隙をサンダーナックルキャンセルで消して、最速でバーストタイムに繋ぐコンボ。キーコンフィグで強PボタンにP全押し入力を割り振ると楽。その場合は、サンダーナックル(中)を出し、強Pをずらし押ししてすぐさまキャンセル。あとは波動拳コマンドを高速でぐるぐる入れながら強Pを連打。最速の入力に成功すればバーストタイムがしっかり繋がる。

サンダーナックルキャンセルの受付時間が短く、最速でバーストタイムを出さなければ繋がらないため難易度が高いこのコンボ。P全押し入力を使わない場合はさらに難易度が上がる。Pボタンの同時押し入力でとても忙しくなるからだ。サンダーナックルは強をキャンセルすると硬直が最も短い。正攻法でクリアを目指す場合は強を使おう。

■レベル3
J強K>弱K>屈弱P>ハイジャンプキャンセル>バーストタイム
獲得称号:ローレン大好き


屈弱Pをハイジャンプキャンセルしてバーストタイムを出すのが阿修羅の如き難しさ。このコンボの仕組みを詳しく説明すると、屈弱Pの隙をハイジャンプでキャンセルし、そのハイジャンプ入力で地面を離れる前にバーストタイムの入力を完成させてハイジャンプ動作をもキャンセルする、となる。ハイジャンプを入力して地面を離れるまではわずかな一瞬しかないので、難度は凄まじく高い。成功すると画面上では屈弱Pにキャンセルをかけてバーストタイムを出しているように見える。

屈弱P>ハイジャンプ(キャンセル)>バーストタイムの操作は、複合入力の2P369236PPPで行う。2Pで屈弱Pを出し、369でバーストタイムの前半コマンド部分とハイジャンプの入力を行い、ハイジャンプ動作が行われる前に残りの236PPPを入力してバーストタイムを出すという流れになる。

操作を行う上で一番注意しなければならないのは確実にレバーを9へ入れてハイジャンプを仕込むということだ。とりあえず最初はバーストタイムまで繋ぐことを考えずに、ハイジャンプまで出せるように特訓すべし。ハイジャンプまでができるようになったら、次は屈弱P>ハイジャンプキャンセル>バーストタイムの部分特訓に取り掛かる。このとき、失敗して弱Pキャンセルエマージェンシーコンビネーションが高確率で暴発する。失敗の理由はハイジャンプの仕込ができていないからだ。ウルトラコンボであるバーストタイムは通常技の屈弱Pでキャンセルできないため、エマージェンシーコンボが出てしまう。また、弱Pを無駄に押してしまい連打になって失敗してしまうことも多い。弱Pは必ず1回だけ押すにとどめよう。屈弱Pからの一連のコンボが成功すると6ヒットする。感覚が掴めたらいよいよ全体で繋げる。

トライアルハード屈指の超絶難度。地獄の劫火ハイジャンプキャンセルコンボ。ハイジャンプキャンセルバーストタイムだけでも難しいのに、さらに難度を高めるためだけに無駄に屈弱Pを挟んでいることに対し、殺意の波動に目覚めそうになる。実用性など度外視だとしてもひどすぎる。屈弱Pが立弱Pだっただけでも難易度は随分違っていた。鬼畜難易度だが、特訓すればいつかは必ずできる。自分を信じて突き進め。

■レベル4
(相手画面端)セービングアタック>屈強P>EXセイモスハンマー>ハイジャンプキャンセル>強地上バーニングキック(空中ヒット)>強サンダーナックル(空中ヒット)
獲得称号:色メガネ


強バーニングキックは空中版ではなく地上版であることに注意。EXセイモスハンマーで相手を浮かせ、そのハンマーを最速でハイジャンプキャンセルし地上からの強バーニングキックをヒットさせ、さらに強サンダーナックルで追撃をかければクリアとなる。EXセイモスハンマーは出したらすぐにハイジャンプキャンセルできる。ハイジャンプの入力は強地上バーニングキックに仕込む。セイモスハンマー入力後に2147+強K連打で出そう。最後の強サンダーナックルはバーニングキックの着地硬直が解けると同時に最速で出す。強バーニングキックの追撃が速ければ速いほど高い位置でヒットするため、サンダーナックルの拾いが安定する。

レベル3と同じハイジャンプキャンセルを使用したコンボだが、難易度は天と地ほども違う。課題には関係ないが強バーニングキックを空中版にしてもコンボは成立する。なぜ知っているかって? ずっと勘違いして練習していたからさ。ハイジャンプ仕込の強地上バーニングキックが出ないという場合は32147+強K連打を試してみるといいだろう。自分では2にしっかり入力しているつもりでも、実際は入力されていないということがあるからだ。

■レベル5 
(相手画面端)屈強P>サンダーナックル(中)キャンセル>屈強P>EXセイモスハンマー>ハイジャンプキャンセル>強バーニングキック>バーストタイム(空中ヒット)
獲得称号:クール・ビューティー


キーコンフィグを呼び出して強Pボタンに全P同時押し入力を割り振るところから始める。当攻略では割り振り前提で話を進める。屈強P>サンダーナックル(中)キャンセル>屈強Pはサンダーナックル(中)を出した後に強Pを連打してキャンセルし、そのまま屈強Pへ繋げる。EXセイモスハンマーは2発目の屈強Pがヒットしたのを確認してからコマンドと強P1回の入力で出す。このとき強Pを連打するとせっかく出したのにキャンセルされてしまうし、コマンドを適当に入力するとバーストタイムが暴発してしまうので注意。EXセイモスハンマーを屈状態から出せる昇竜の簡易コマンド323Pで出すと良い感じ。あとはレベル4と同じ要領で浮いた相手に強地上バーニングキックを当て、バーストタイムで拾えばクリアだ。

レベル5も相当難しいがレベル3に比べれば全然楽。攻略では全P同時押し入力を割り振っているが、この方法を使わない場合はレベル3に匹敵する難易度にまで上昇する。自信のある方は挑戦してみるといいだろう。強地上バーニングキックを最速で当てた場合は、浮きが高すぎてバーストタイムを最速で出したときに当たらないことがある。そのときは少し引き付けてからバーストタイムを出せば当たる。

Xbox Live 3500 マイクロソフト ポイント カード【プリペイドカード】(Amazon)
Xbox 360 ハードディスク(120GB)(Amazon)
ファイティングスティックEX2(Amazon)
CYBER・コントローラアダプタ(PS3用)(Amazon)
2009.03.11 Wednesday 00:11 | - | - | 攻略 ストリートファイターIV 実績を極めし者 | 

スポンサーサイト

2017.07.24 Monday 00:11 | - | - | - |