<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
SELECTED ENTRIES
NEW ITEM


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • The Last of Us (ラスト・オブ・アス) 難易度サバイバル攻略
    零無 (03/05)
  • The Last of Us (ラスト・オブ・アス) 難易度サバイバル攻略
    もょ (03/03)
  • ゲーム夜話闇語り 第7夜 お便器ですか エスケープキッズ[AC]
    零無 (12/21)
  • ゲーム夜話闇語り 第7夜 お便器ですか エスケープキッズ[AC]
    そるかぷ (08/02)
  • 『うたわれるもの 偽りの仮面』 1日1トロフィープレイ日記02 試される覚悟
    零無 (07/20)
  • 『うたわれるもの 偽りの仮面』 1日1トロフィープレイ日記02 試される覚悟
    gogo (07/20)
  • 二週間の猶予
    通りすがり (05/03)
  • エールバトル
    けろ (04/11)
  • エールバトル
    零無 (04/10)
  • エールバトル
    けろ (04/09)
 
   
LINKS
COUNTER SPIRITS

2008年七夕始動
+123920(1周目)
+220264(2周目)
+197639(3周目)
+161130(4周目)
+111987(5周目)
+74601(6周目)
+64014(7周目)
+47121(8周目)
+26831(9周目)
+24243(10周目)
+16542(11周目)
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 大帝国的宇宙解釈 | main | Xbox 360 250GB + Kinect スペシャルエディション 発売(※実質再販) >>

ファーストインプレッション 『大帝国』[PC]

人生を幸福にすごすためのひとつの方法は期待を捨て去ることである。期待をしなければ裏切られることもない。昨日の裏切りにさようなら。

さて、『大帝国』である。

もしも期待値のハードルがずっと低かったならば満足できたと思う。けれど、『大帝国』に対して俺の期待するハードルは成層圏に到達する高さにまで登りつめていた。期待しすぎたかなぁ、というのが率直な感想。

序盤に集中するイベントの嵐はSLGのテンポを損なわせる。俺は戦闘を早くしたいんだよぉ! というときに横槍が何本を突き刺さる。モチーフとしている第二次世界大戦のごとく、否応なしに戦火に巻き込まれていく過程を描くのが狙いだと思うが、その場面はプロローグで終わらせておいてほしかった。

いざ戦闘になってもわからん殺しでターンの最初からやり直しということが実に多い。なにせ本作では、戦うまで敵勢力の情報がわからない上に、進攻する以上は常勝無敗が義務づけられている(※進攻に失敗するとゲームオーバーになる)のだ。

重大な決定の選択を迫られる御前会議前にセーブができないことも煩わしさに拍車をかける。この辺のゲームバランスのとり方はアリスSLGらしい味付けっちゃあそうなのだが、過去の作品に比べても1ターンが長いせいで冗長さが際立っているように感じる。

また、指揮値、ユニットの移動、資金難などの足かせの天秤が、制約の中で試行錯誤して楽しむ方よりも面倒くさい方に傾いている。ダメージを受けると進攻戦に参加できない点が謎。必然的に無傷で先手必勝が求められるゲーム性に首を傾げたくなる。

特にユニットの移動制限は諸悪の根源ではないかと思う。本作では、やぶから棒に敵軍から攻め込まれたりして迎撃しなければならない場面が多々でてくるが、移動制限があるせいで物理的に迎撃が間に合わず、数ターン前にもどって(ロードして)やり直しということがざらにあるからたまらない。アリスのSLGのほとんどに同じような傾向がみられるが、それらと比較してもガチガチにきつい。数手先の未来予測ができないと容易に詰む。初見プレイ時の難易度はかなり高い。

煩瑣な部隊編成には時間がかかるのも問題。いっしょうけんめい編成を考えている間はそれなりに楽しいけど、その編成が戦闘でダメダメだったことがわかったときのやるせなさといったらない。ちょっぴり辟易としながらも、トライ&エラーを繰り返し戦略的上達を実感できたときが最高におもしろい。だが、正解にたどりつくまでの道程は長く険しい。

アリスといえば魅力的なキャラクターの数々なのだが、艦隊編成要素を取り入れた弊害でキャラの魅力がいまいち薄い。キャラが完全に手駒化していて感情移入し辛い。性能差に個性がないことが最たる要因だろう。戦闘時のキャラの存在感がないのだ。容姿や性格付け、台詞回しに関してはさすがキャラ作りに定評のあるアリスと思わせるだけに、活かしきれていないのがもったいない。ロリッ娘が多いのは個人的に大評価したい。エルミーきゅーと。帝ちゃんと娘のためなら死ねるッ!

アリスのメーカーとして信念を理解しているから、エロが不要などと本末転倒なことは言わない。アリスがアリスであるためにエロは絶対必要。だというのに、エロがなかなか来ねーのはいかがなものか。主人公が子持ちであるせいか、妙なところで大人の落ち着きがあるというか、紳士然としているのもよくない。東郷に振り回される秋山の掛け合いはおもしろいけれど、あざとく女性受けを狙っていることが鼻につく。心からぶっ殺したくなるような陰湿な敵キャラがいないのも戦意が向上しない理由のひとつ。

一度は発売直前までこぎつけながら、戦闘システムに難ありということで、さらに長い期間をかけて再構築された本作。それだけに期待も大きかったのだが……。うむぅ。なんだろうか、この胸のわだかまり。

大帝国どう? おもしろい? と聞かれたら、おもしろいけど『大番長』『戦国ランス』の方がおすすめかな、 などと歯切れの悪い感想になってしまうのが心苦しい。大胆に簡略化しつつも、絶妙なゲームバランスを築きあげることに成功していた他の作品と比べると調整不足は否めない。

偉大なる先輩、『大番長』『大悪司』の存在が『大帝国』にとって不幸であったように思う。

大帝国
大帝国
posted with amazlet at 11.04.30
アリスソフト (2011-04-28)

大悪司 廉価版
大悪司 廉価版
posted with amazlet at 11.04.30
アリスソフト (2006-05-26)

大番長 廉価版
大番長 廉価版
posted with amazlet at 11.04.30
アリスソフト (2009-03-19)

戦国ランス
戦国ランス
posted with amazlet at 11.04.30
アリスソフト (2006-12-15)

2011.04.30 Saturday 12:35 | comments(0) | - | ぶった斬りレビュー | 

スポンサーサイト

2020.07.04 Saturday 12:35 | - | - | - |