<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH
SELECTED ENTRIES
NEW ITEM


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
 
   
LINKS
COUNTER SPIRITS

2008年七夕始動
+123920(1周目)
+220264(2周目)
+197639(3周目)
+161130(4周目)
+111987(5周目)
+74601(6周目)
+64014(7周目)
+47121(8周目)
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 狡猾 | main | 騒音 >>

ゲーム特価 『バトルガレッガ Rev.2016 Premium Edition』 69%オフ2,978円

新たなSTGブランド「M2 Shot Triggers」第一弾の『バトルガレッガ Rev.2016 Premium Edition』が、Amazonにて69%オフ2,978円で販売中。

この値段ならお得! といいたいところだが、仮にもパッケージ版なのにディスクの物理的なソフトウェアが存在しないため注意。あくまで、付属するのはゲームのダウンロードカードとサントラなどの特典である。ダウンロード配信版が3,700円+税と強気の価格設定なので、豪華特典が同梱されることを鑑みれば、値段相応の価値は充分にある。

本作は、スコア稼ぎが熱い名作STG、というのが愛好家たち界隈での評判となっている。己は、ゲーセンで稼動当時の状況を知っているからあえて書くが、本作への表面的な評価を鵜呑みにして、名作らしいからとSTG初心者がうかつに手を出すのはおすすめできない。

STGのおもしろさは、撃つ! 避ける! 稼ぐ!(プレイヤーによってはクリア!)の三原則に集約されると考えている。STGの基本ルールはとてもたんじゅん。敵弾に当たらなければミスにならない。

ガレッガは、稼いでエクステンドしつつ計算のうえにミスして難易度をさげるという、STGの攻略方法のひとつである「ランク調整」の概念を理解しないことにはさっぱり楽しめない。事前情報必須であり、とっつきやすさは最悪の一見さんお断りゲー。

稼動当初も、正しい遊び方を理解しているか否かで、賛否両論の真っ二つにわかれたゲームでもある。

わざとミスして難易度をさげるなんてありえん! それはへたくそのプレイだろ!

そんな価値基準をもっていたので、当然ながら否よりで、まったくといっていいほど遊んだことがない。一定の評価を得るようになったのは、ゲーメストライターがおもしろくなる説明書を熱心に伝授したからであろ。いまなら、攻略方法が確立されているし、名作としてたのしめるかもしれない。

需要と供給の認識にズレがあり、投売りされているのが本作のゲーム性を如実に物語っているといえる。ブランドの立ち上げからしてつまづいていては、今後の展開が危ぶまれるところである。

ちなみに、第二弾は『弾銃フィーバロン』が予定されている。熱狂的なSTGマニアくらいしかよろこばない危険牌を切ってくるところに、M2らしさを感じないでもない。しかし、他にももっと出す弾丸があるはずなのだが……。

待望の『エスプレイド』のコンシューマ化まで、ブランドが存続することを切に願う。

>参照リンク
バトルガレッガ Rev.2016 / M2 Shot Triggers
 
2017.04.15 Saturday 22:10 | comments(0) | - | ゲーム・フィギュア特価情報 | 

スポンサーサイト

2017.05.27 Saturday 22:10 | - | - | - |