<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
SELECTED ENTRIES
NEW ITEM


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
 
   
LINKS
COUNTER SPIRITS

2008年七夕始動
+123920(1周目)
+220264(2周目)
+197639(3周目)
+161130(4周目)
+111987(5周目)
+74601(6周目)
+64014(7周目)
+47121(8周目)
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS

気候

気候の変わり目は、体調を崩しやすい。良好なときがいまいちわからないが、ちょいと体調不良。いつもよりさらに思考が働かなくて、文章を書けない。おやすみなさい。
2017.04.10 Monday 21:30 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

花見

昼間にスシローでおすしをたっぷり食べた。いつもはあらかじめ制限するのだが、今日はお腹が減っていたので、ガンガン注文した。期間限定の特大うなぎが美味。『ドラゴンクエストII』にでてくるメドーサヘッドのような甘えびてんこもりはちょっぴり失敗だった。もうこれはシャリの意味がない。ただの塊。なぜ、これを商品一覧に載せたのだ? たくさん食べたから、次回100円引きクーポンをもらった。有効期限がやたらと短いから使う機会がないかもだけれど、おさかな食べたくなったらまた行こう。

その足で、桜の名所のひとつとして花見客でにぎわう中規模な公園にむかった。桜並木を歩いていると幻想的なきぶんになる。風が冷たく、気温は陽気な、春のおとずれを体感するのにうってつけ。ちょいと計画を立てる時期が遅かったようで、いくつかはもう花びら散らして、緑色になっていたのがちょっぴり切なさみだれ桜。季節の中に己は在った。

図書館に行って、借りていた本を読んで返却した。『ブレイブウィッチーズ』、502JFWの物語の活躍の途中で流れるCMで紹介されていた『ノーブルウィッチーズ』のことだ。宿題の読書感想文であるまいし、あからさまな文字数稼ぎの文章力はちょっとどうなのっておもうが、個性的な面子がそろっていておもしろかった。第1巻かつ、大所帯ということもあり、キャラ紹介にならざるをえない側面があるのは仕方がない。むしろ高等技術。全キャラ登場させつつも、シリーズファンへのサービス出演まで果たすなど、構成力がうまい。導入部の掴みとしてはわるくない出来だった。OVA化されたら、ぜひとも観たい。ウイッチはたくさんいるから、決定版なゲームを発売してほしい。

夕闇に、家電量販に行って、ぼろぼろになっていたヘッドホンを修理にだした。見積もりをだすのに一週間ほどかかるらしい。べつに急いではないし、ゆるりと交換してもらえれば、それでいい。ひさびに、音楽をじっくり聴きながらゲームが遊びたい。

おもちゃコーナーに行ってお目当てのロボ娘をさがした。おおっ……! アニメ効果で、『FRAME ARMS GIRL(フレームアームズ・ガール)』が、すっごく注目を浴びていた。実際に目の前で購入していく新規ファンもいた。人気の熱を肉眼確認。これはほんものだ!

共感はとうのむかしに置き去りにしてきたが、ともだちとアニメ話しながら購入していくのをみると、いいなあとうらやましいきもちになった。愛する作品への数々の信徒であり、ブログを通じて交流を深めていたりしていたことが懐かしい。

美は秘匿されてこそうつくしいと考える今となっては、己だけが知っている方が好ましく、あまりおおっぴらに喧伝する気が起きない。応援はするが、ひっそりと静かに、熱く進攻させるのが良いっ。

そもそも、手先が不器用だから、プラモ作成は苦手なんだよね。ガンプラですら、2体しか作ったことがない。完成されたフィギュアの方が楽でいいし、鑑賞もたのしい。でも、本作の場合においてはプラモ制作するからこそ意義があるのだからこまりもの。スティレットが、己の魂をガンガンゆさぶってきたが、抑制して購入を踏みとどまった。うわさのコトブキヤニッパーは売ってないとのこと。ざんねん。

まっ、こんな感じで、わりと充実したいちにちだった。休息もときには、というかいつも大事。
   
SONY 7.1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS7100
ソニー (2009-10-21)
売り上げランキング: 16,216
 
2017.04.09 Sunday 22:10 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

処理

雑多なもめ事の処理に追われて、のんきにブログを更新している時間がとれない。優先順位すらうまく決めきれていない。御免っ。
2017.04.08 Saturday 20:40 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

系譜

切るのがめんどうでのばしていたが、そろそろウォーキングを再開したいとおもって、邪魔になるからばっさり散髪した。『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』のアンジュになった心地ですっきりした。

『planetarian』の新グッズがAmazonで販売されはじめて、しあわせ。最高の接客をしてくれたゲーマーズに入荷してもらえるなら、買いにでかけてもいいな。



>参照リンク
アニメ『planetarian』公式Twitter
planetarian - 【A3 MARKET/キャラチャージ】

というか、缶バッチとかちゃらちゃらしたグッズをだすより先に発表すべきものがある。ねんどろいどへの敷居はそんなに高くないであろ。配信版の方のエンディングで布石もばっちり打たれていたはずだが?

おねがい! 星の系譜が紡がれているうちに、数万円のスケールフィギュアを制作してくれっ! デカアクリルキーホルダーでは満足できないよ。それでも、もちろん買いますとも!

郡山市ふれあい科学館へ気軽に行ける星の人たちがうらやましい……。全国規模で展開してもらいたい。描き下ろしクリアファイルがめっちゃほしい! 愛のないネットオークションにまで手を出す気にはなれないけれど。
 

デカアクリルキーホルダー planetarian 01 SDキャラデザイン
A3 (2017-04-30)
売り上げランキング: 19,786
2017.04.07 Friday 22:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

多忙

極めるほどではないけれど、多忙につき本日はこれにて。
2017.04.06 Thursday 22:20 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

欠伸

欠伸(あくび)がでるほど、退屈で書くきぶんにならない。ムリダナ。
2017.04.05 Wednesday 23:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

消去

フレンド枠から消去したい奴がいる。しかし、できなかった。なぜならば、己にとって最高に過酷で残忍な仕打ちをすると決めたから。相手から過去にされることを望んでいたし、己がとてつもなく嫌悪しているという意思は、たぶんつたわっているであろ。

いまもどうかはしらないが、こいつのツイッターは害悪の権化。即刻規制しなければならないような危険なことをべらべらさえずっていた。無法地帯の毒沼。どれほどものかごらんにいれ……は、しない。他人への関与は無用。

仮に己が司法を実行できるのであれば、すぐさま令状を発して人間社会から隔離したのち野生動物にするほどの、いまのところぎりぎり人物。犯罪者として逮捕されてほしいのはやまやまだが、無垢なる被害者がでることになるので、それはムリダナ。

ただ、余地と余白を執行して、卯月になったことでためらいなく忘却した。己自身とのがまん比べには敗北してしまったが、きっかけを作れたから良しとする。

ブログに記事として残したことがなによりの証左である。

2017.04.03 Monday 21:50 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

専門 加筆修正版

※本文は2017年3月18日の記事に加筆修正を施したもの。

ふぅ……あやうくおなじ轍(てつ)を踏むところだったぜ。

(2017年3月18日時点の)九日前の記事で、さいしょに「一般の人」と表記したものを、「標準的な人」と適切なことばに訂正した。元々、これでも配慮したつもりだったが、まだたりていないと考えを改めたからだ。

社会の現場で「一般人」と使うことは、もう二度とやらない。ご法度。細心の注意が必要なおそろしいことば。

過去に、目につく問題のある直属の上司がいた。社内の喫煙のルールはまもるが、ひとたび外にでればお構いなし。さらに、タバコのポイ捨てまでする。躾がまるでなっていない。果てには、寝過ごして遅刻をよくする体たらく。己は職場にごやっかいになるときに、部署を総括する上司から遅刻を三度したらクビにすると警告を受けた。それは困ると、誰よりも早く出勤していた。

とはいえ、いまふりかえれば、人情的な面にあふれていて良いところもたくさんあった。当時の己は、まぬけな自信家だったので、その直属の上司――彼が己に仕事を割り振ってきてくれているのを、サボりたいだけだろと思い上がるような阿呆であった。新社会人の失敗談としてよくある話だ。

死ねばいいのにとおもう酔っ払いのために金を払うだけの飲み会の二次会で、ボウリング場にいったことがあった。たのしむ競技がおわり、各自で自由時間となった。ビリヤードに興じる人もいた。この施設は、多くで小規模なゲーセンを兼ねている。

そこには、己が大好きなSTGのひとつである『エスプレイド』が、たまたま置いてあった。己は、特に何も考えずに、遊びたかったからひとりでゲームをしていた。それをみつけた彼が、なんと! いっしょに遊ぼうといって2P側(スコアを稼ぐには2P側でスタートするのが常識だということをそのときまだ知らなかった)にすわったのだ!

己は面食らった。邪魔とすら思った。いつもよくやっていた余計な心配を声にした。

「あの……課長代理。恐縮ですが、このゲームは(素人が)かんたんに遊べる難易度ではありませんよ? おかねの無駄になると思いますが……」

「まぁ、いいから。そんなこといわずに遊んでみような」

案の定、彼は次から次へとミスして連コ(連続コイン投入)していた。そのたびに己は、彼の財布の中身を気にしていた。書くまでもなく、数百円ごときどうってことない金額だけれど、無駄遣いしてほしくなかった。

STGが上手くなるコツ。それは、一度ミスした場面で強引にでもいいから――あるいはボムを投下して突破することだ。難関だった地点も、回数をこなせば次第に慣れたり攻略法を思いつく。己はコンティニューをしない。その場復活で先をみるのはもったいない気がするせいだ。本質は異なるが、似た思考回路に基づいて、どうせいつかはクリアできるしとパターン作りのために百円玉を入れるシューターもいる。

とかいいつつ、己がはじめて1クレジットクリアした究極名作STGには、最新鋭機で強力かつシステムに直結した通常兵器を搭載していたものだから、緊急脱出のことなんて考えられていない狂気の設計だったけれど。きょうびなかなか聞かないことばになったが、硬派な世界観に酔いしれたものだ。

それくらいはSTGを、あさーく知っているつもりだった。これではゲームにならないと判断したので、わざとミスしてさっさと切り上げた。己はおもわず質問した。

「えーっと……課長代理はゲームをしませんよね? なんで協力プレイしようとしたんですか?」

あまりに意外すぎるこたえが、己に衝撃をあたえた。

「え? ああ、君がひとりで寂しそうだったからだよ」

「……」

あらら? 一体全体この人は何を口走っているんダ? 寂寥感? ナニソレ? たのしんでいたゲームが格ゲーだったらまだわかる。2017年3月現在で超絶不人気のとある美少女格ゲーでは過疎すぎて、常時、対戦相手を募集しているくらいだ。しかし、本作のジャンルは基本的にひとりプレイが前提。なぜ、通常のあそびかたをしているのにあらぬ誤解をうけるのか意味がわからない。

ともかく、彼はそんな上司であった。

きっかけはわすれたが、ある日の会話の中で己は、微笑しながら「一般人」と発言した。そのことばに彼はおもうところがあり、怒りの色をのぞかせた。

「僕は『一般人』に差別的な意味合いを感じるな」

己はしどろもどろになり、大いにあわてふためいた。己はそのときの職業について、専門性が高いと自負していた。よって他意はなかった。

「えっ!? いや……あの『区別』したつもりで言ったのですが……申し訳ありませんでした」

いまなら、上司の機嫌を損ねずに、なんということばを使えば正解だったのかがよくわかる。

己は「クライアント」と、ぼやぼやで輪郭がつかめない質量の低いことばを用いればよかったのだ。

最近のテレビ番組はおもしろくなくなったとよく聞く。制作費の縮小や、一般参加者の個人情報保護などが問題の一因といわれている。否定はしないが、最大の要因は、楽屋裏ネタをやりすぎて、本来ならば業界用語であることばを全面に押しだしたことにあると考えを示す。専門性とは秘匿すべきものであり、ひとたび失えば、舞台裏が見透かされる。だから、テレビはつまらない。

専門を保つひとつの方法は、普段から使用している習慣用語とは別に、お客さま向けのことばを用意しておくことだ。老練な医師などは、患者と接する機会が多く専門職であることを自覚しているから、噛み砕いたことばの準備ができている。学業の成績だけがよくて、肝心の頭が馬鹿なやぶ医者などは専門用語を多用してくる。信用度ゼロ。

>関連リンク
質量(当ブログ2017年3月5日の記事)
2017.04.02 Sunday 15:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

2017年卯月

2017年卯月。こう記すと急に春めいたきぶんになる。巻き込まれる酒宴は嫌だが、私的なお花見の計画を立てよう。新生活感の演出に身近なものを新調するのもいいかんがえ。たとえば、寝具とか。

百万円する車を買ったといっても誰もおどろかないのに、たったの二桁の寝台を購入したというだけで、仰天されるのだからふしぎ。一日の休息をとるのに絶対に使用するものだし、良いものに身をあずけていると毎日やすらぐことができて、そのうえ長持ちもする。費用対効果は最強の逸品なのだが。

ベッドに関しては、物づくりを知っている外国産がばつぐん。文化への敬意を払ってのことだ。三桁のベッドを入手してもいいかも。でも、そのあたりの金額になるとブランド料が含まれているようで、己ごときには本質のちがいがわからないであろ。やっぱり二桁の寝床で十分だな。

かんたんな手入れとして、ベッドマットの上下を入れ替えた。2017年文月がきたら反転だ。重要なメモ。ゆめゆめわすれるべからず。とかいいつつ、あとで読み返すけれどね。最近、ものわすれがひどくてさ。んなもの、昔からだろっ!

そのとおりでございます。
2017.04.01 Saturday 21:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

連携

ツイッターをまとめて自動投稿してくれる機能がある。これはべんり!

などとほざいていた己をぶっ飛ばしたい。黒歴史のさえずり程度にはなったからいいや。2016年は、己に課した毎日更新のやくそくを厳守するために、スタンプ帳代わりに使用した。しかし、劣化の一途をたどるJUGEMとの最悪な連携によって完遂寸前で阻止された。あしたから暦の月も変わるし、同時投稿は今日限りにしておこうかな。

季節も春になる。おもしろそうなアニメの公式ツイッターをフォローしよう。ちなみに、フォロワー数は減ってもかまわないが、増えるのは感心しない。こいつは食いつきそうだぞ! と偽者の点稼ぎしてくる奴らを片っ端からスパム通告してブロックするのは、なかなかたのしい。おのぞみの地獄をとくとあじわうがよい。

ブログのアクセスカウンターは、2016年の初期の頃まで、ぎゅんぎゅん回したいと考えていた。最新情報が皆無な電子日記帳で、全盛期の賑わいをとりもどすのはあまりに無謀だった。ムリダナ。

100万アクセスの大台も超えたし、まったく興味がない。2017年3月現在の訪問数も知ったこっちゃない。くだらない数値への従属は効かない。
 
2017.03.31 Friday 20:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 
<< | 2 / 85 PAGES | >>