<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
SELECTED ENTRIES
NEW ITEM


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
 
   
LINKS
COUNTER SPIRITS

2008年七夕始動
+123920(1周目)
+220264(2周目)
+197639(3周目)
+161130(4周目)
+111987(5周目)
+74601(6周目)
+64014(7周目)
+47121(8周目)
+26831(9周目)
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS

声が枯れる

今日もひとカラ行ってきた。3回目にして声が枯れる。

高い音を出そうとがんばりすぎたのがいけなかったのかも。いつのまにか、声がでなくなっていた。

はちみつきんかんのど飴をなめまくろう。明日までに治さないと、ちょっぴり恥ずかしいことになる。理由をきかれたら困る。まずい。

今日の最高得点は、『残酷な天使のテーゼ』で、86.999点。一番最後のノドが死んでいたときに出たのが納得いかない。

ってゆーか、平均点に遠く及ばない。平均点より上で終われた歌がひとつもない。冗談抜きで音痴。100点だせるひとは楽しくて仕方がないであろ。本気で上手くなりてェ……。
2018.06.14 Thursday 21:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

読むのが遅い

読むのが遅い。

というより読解力が著しく低下している。

鍛えるための練習をするのにも体力がいる。基礎体力がないから、練習すらままならない。

もがけばもがくほどくるしい。悪循環だわ……。どうしたものか。
2018.06.13 Wednesday 22:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

ほしいとおもう言葉

己にとって重要な人と会う。

彼女は、己がほしいとおもう言葉をいつも用意してくれていた。今日はちがった。しかし、突き放すのではなく、寄り添うきもちがつたわってきた。

己は自分のためになることをしたくない。たとえそれが滅びの道だとしても。

己は生きるのも死ぬのも決めきれずにいる。ただ、毎日を惰性で過ごすのみ。なんの楽しみも悲しみもない。退屈は敵だといって憚らなかった己のうしろに平穏がいる。ゆらゆらと試すように己を眺めている。

いろいろなことに折り合いをつけて、割り切ってきたつもり。そう、つもりだった。実のところ、己はなにひとつ決め切れていない。

たまにおもう。これはむなしい死に方ではないのか、と。
2018.06.12 Tuesday 20:50 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

日付詐称

何か忘れているとおもったら、昨日の日記を更新していなかった。日付詐称。誰にも気づかれないから、まっいっかー。適当さいこー!

……週はじめから疲れすぎであろ。

週はじめ! 調子がわるい原因は、スタートをうまく切れていないことにあるのではないだろうか。うーん。

白か黒かがはっきりした世界に行きたい。世の中、曖昧な色が多すぎる。この世の景色は汚れている。
2018.06.11 Monday 21:30 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

失念

ブログのことを失念していて、更新するのを忘れていた。とても疲れていたんだ。

2018.06.10 Sunday 23:50 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

どっちつかずの一日

一日が終了するまであと4時間近くの猶予があるが、今日というどっちつかずの一日を挽回できるとは思えない。

大好きな小説家の最新作を読んでいるが、うーん。連なる短編が、最後には大きなうねりとなって、いつもの抜群に高い構成力を感じることができるのだろうか。

何もかけないときは、せめて小説を読もう。読解力を鍛えなければ、すぐに衰える。
2018.06.09 Saturday 19:50 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

頭のわるい文章

頭のわるい文章というものがある。何を隠そう12年前の己の記事である。実をいうと、最近、読み返すのが楽しくなってきている。

もうやめて! 目を覆い、背を背けたくなるほどにひどい。有体にいえば、オタクっぽい。誰に聞いてもらうでもなく、自分の好きなものをとことんまで語りたいという欲求を感じる。どんだけ『灼眼のシャナ』を真剣に観ていたんだよ。

しかし、感情がダイレクトに伝わってきて、なかなかおもしろい。これは己だけしか楽しめない。残しておいてよかった。

現在よりずっと忙しい日々を送っていたはずなのに、時間をみつけて生き生きと書いてある。ちょっとうらやましい。

己は昔の頃のように、バカになりたいのだ。

今日はプールに行ってウォーキングしてきた。なぜかしらないが、異様に人が多くて、ゆっくりと自分のペースで歩けなかった。プールにいくたびに、身体を鍛えなければというきぶんになる。毎日通うぐらいの気合がほしい。
2018.06.08 Friday 20:40 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

スト爆

ストレス爆発。略してスト爆。というわけで、ひとカラに行ってきた。

最高得点は、『愛しさと 切なさと 心強さと』の87.381点。別に得意でもないのだが、最高得点。90点は果てしなく遠い……。

LiSAや藍井エイルの曲が好きでよく聴いている。歌うとなると激ムズ! まともに歌えやしない。

ひとカラの最中はいいのだけれど、帰宅の途中がさびしすぎる。むなしさがどっと押し寄せてくる。へたくそだから、気持ちよく歌えていないというのもある。

かみさまは、なんで己に得意なことのひとつでも与えてくれないのだろう。得意になりたいものに限って、下手とか残酷。自己研鑽と一口にはいうけれど、研ぐ刃がぼろぼろで、ぽっきり折れる寸前だよ。

己が輝ける場所なんてひとつもない。つまんねー人生だな。

たとえ億万長者になったとしても、何も満たされないと思う。からっからに渇いた死の砂。人生には潤いが必要だ。どこにいけばあるのであろ?
2018.06.07 Thursday 21:00 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

キムチ風やきうどん

キムチ風やきうどんを食べる。汗がどばどば噴出してやばかった。新陳代謝がよくなったきぶん。

今週はちょうしがわるくて、何もかけない。かけるきがしない。一週間が長い……。

疲れをとる魔法が失われていく。己の中から自己という概念がどんどん消えていく。

他人がいなければ自己は確立しない。これを孤独というのだな、きっと。
2018.06.06 Wednesday 20:30 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 

水漏れの保険金

3月の末に起こった水漏れの保険金。出るとは聞いていいたが、一ヶ月近く音沙汰なしだったので連絡をとってみる。すると、今度の対応は早かった。

水漏れの被害にあった、米の分、約4000円が支払われるとのこと。

お見舞金みたいなものがでるとかいっていたけれど、それはどうなったのであろうか。忙しいときの電話だったので、聞くのを忘れてしまった。まっ、すこしでも返ってくるのだったら、それでいい。
2018.06.05 Tuesday 21:40 | comments(0) | - | 恣意的戯言日記 | 
<< | 2 / 122 PAGES | >>